ルールを守る

個人の賃貸管理には一定のルールがある

投資家の中には、不動産を所有してその不動産を賃貸することによって恒常的に収益を出そうと考える人もいます。しかし、不動産の賃貸管理と言うのは実践したいからと言ってすぐに出来るものではありません。個人が行う賃貸管理には一定のルールが存在し、そのルールに従わないと賃貸管理で収益を得ることは出来ないのです。この一定のルールと言うのは、当然法律的なルールを含んでいます。不動産を所有している人が賃貸管理を行うときには、宅地建物取引業に関する特別な資格を有していなくてはいけません。この資格を持つことによって、初めて不動産に関連する売買や賃貸を行うことができます。持っていない人は、この資格を持っている別の人に預ける必要があるのです。

管理契約を締結して管理してもらう

資格を持っていない人は、不動産の管理契約を締結してその不動産の賃貸管理を代わりに行ってもらう必要があります。この場合、全ての賃貸管理に伴う業務を代行してもらうことが可能です。賃貸管理には、賃借人を選定するための審査なども必要ですがこうした審査も逐一所有者に確認しなくても行うことができるようになります。管理会社側が適切な人物を賃借人に選定し、その人から賃料や敷金などを集めてくれるため契約を締結しておけば所有者は何もしなくても構いません。一つの不動産だけではなく複数の不動産を持っている人でも楽に不動産の管理を行うことが可能になるのです。投資としても効率が良い方法なので、多くの投資家がこの方法を利用して不動産から収益を得ています。

Copyright © 2015 賃貸管理を成功させる秘訣~賃貸を始め隊~ All Rights Reserved.