安定した収益

安定した収入を確保できる事業です

賃貸管理に力を入れている不動産会社が増えてきています。賃貸管理は毎月数千円の管理料を取る小さな商売であったことから以前はコストパフォーマンスの悪い事業と考えられていました。しかしながら、最近では1つ1つの管理料は少なくてもその数が莫大になれば規模の効果が表れ、わずかなコストで多くの収入を得られると考えられるようになってきたのです。また、賃貸管理をしていれば入居者が退去した後の内装クリーニングや、家賃を上げるためのリフォームなどの付随した請負工事も獲得することができます。つまり、売買による一回きりの収益だけでなく、継続的に収益を発生させることができる事業だということです。安定収益は会社を強固に次の事業投資を可能にします。

株式投資の候補としよう

このような点から株式投資においても魅力的な投資先と言えます。最近では賃貸管理をしている不動産会社を買収したり、買収されたりするケースも散見されるようになってきました。賃貸管理をしているいくつかの上場企業に株式投資をしておけば、安定した配当収入を得られるだけでなく、企業買収によるキャピタルゲインを手にすることができる可能性もあります。特に大株主に大手ハウスメーカーや大手不動産会社、創業者などが入っているところはねらい目と言えます。大手ハウスメーカーや大手不動産会社は子会社化を狙ってきますし、創業者は事業を譲渡して会社を誰かほかの人に任せようと考えるケースもあります。今まで地味と考えられた銘柄が大きく飛躍する可能性を秘め始めたのです。

Copyright © 2015 賃貸管理を成功させる秘訣~賃貸を始め隊~ All Rights Reserved.